12月 22, 2010 - 1 Comments - textiledesignnotes -

大塚リカレントスクール(反応染料プリント)


大塚テキスタイルデザイン専門学校のリカレントスクールのアシスタントにいってきました。
今回は染色加工Cコース、リピートのある柄を生地にプリントします。
 
前回のリカレントスクールの内容は ↓こちら
着色抜染プリント 地染め
 
 
今回行ったのは、反応染料によるプリントです。
以前までとは異なり、リピートのある柄を生地にプリントします。
それぞれ自分が作りたい柄の図案を考て、版をつくっていきます。
 
版をつくります。A、Bコースよりも大きな版になります。
 
紗を張って

 
感光乳剤を塗って

 
感光させます。

版の詳しいつくり方はこちら
 
感光させたら、版の修正をして、プリントをしていきます。

 
反応染料の糊をつくります。
糊を量って

糊に染料をいれて混ぜます。

 
捺染台に生地をはって

 
版に糊をおいて

スキージを使ってプリントします。

 
プリントされた生地たちです。

生地が乾いた後、蒸します。

 
蒸し終わったら、洗って糊や余分な染料を落とします。

 
その後、さらに色を定着させて

後はすすいで、乾燥させて完成です。
 
次回は同じ版を使って、顔料によるプリントを行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket